2021年10月13日

舞台「文豪とアルケミスト 捻クレ者ノ独唱(アリア)」上演決定!

BA4_KV_FIX_ss.jpg

DMM GAMESで配信中、そして今年11月に5周年を迎える話題作「文豪とアルケミスト」の舞台化第4弾は来年2022年2月3日(木)〜2月13日(日)東京・シアター1010、2月18日(金)〜20日(日)大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演することになりました。

本作は舞台「文豪とアルケミスト 捻クレ者ノ独唱(アリア)」を題し、尾崎一門を中心とするストーリーを展開していきます。

注目の出演者は、徳田秋声役の赤澤遼太郎が主演を務め、尾崎紅葉役の玉城裕規、泉鏡花役の山ア晶吾、川端康成役の正木郁と里見ク役の澤邊寧央がシリーズ初登場。
さらに、太宰治役の平野良、佐藤春夫役の小南光司、国木田独歩の斉藤秀翼も引き続き出演します。

スタッフは前作に続き脚本をなるせゆうせい、演出を吉谷晃太朗、世界観監修をイシイジロウが務めます。
劇中BGMもノイジークロークの坂本英城が手掛けるゲーム楽曲を使用。

チケットは、10月14日(木)19時よりオフィシャル最速先行の受付をスタートいたします。URL:https://eplus.jp/bunal4-hp/

徳田秋声らが新しく加わり、侵蝕者との更なるを描く今作をお楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【公演日程】
東京公演:2022年2月3日(木)〜13日(日)@シアター1010
大阪公演:2022年2月18日(金)〜20日(日)@森ノ宮ピロティホール

【 出 演 】
徳田秋声:赤澤遼太郎、泉鏡花:山ア晶吾、佐藤春夫:小南光司、国木田独歩:斉藤秀翼、川端康成:正木郁、里見ク:澤邊寧央/尾崎紅葉:玉城裕規/太宰治:平野良    

アンサンブル:仲田祥司、町田尚規、多田滉、山口渓、田中慶、田ノ中亮資、平澤佑樹、安久真修

【スタッフ】
原作:「文豪とアルケミスト」(DMM GAMES)
監修:DMM GAMES
世界観監修:イシイジロウ
脚本:なるせゆうせい(オフィスインベーダー)
演出:吉谷晃太朗
音楽:坂本英城(ノイジークローク)・tak
アクション:奥住英明(T.P.O.office)
振付:MAMORU
美術:池宮城直美
照明:加藤学(ブルーモーメント)
音響:門田圭介
衣裳:千葉美希
ヘアメイク:西村裕司(earch)
演出助手:國重直也
舞台監督:高橋太郎 林和宏(H9plus)

【料金】全席指定9,900円(税込)
【発売日】オフィシャル最速先行:10月14日(木)19:00〜10月27日(水)23:59
    https://eplus.jp/bunal4-hp/


コピーライトマーク 2016 EXNOA LLC / 舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会
posted by 文劇4 at 16:01| Comment(0) | 日記